ベルトコンベアーがハイテク化している~作業の効率化を図れる~

工場

コンベアーで効率化

クレーンの点検を行なうことをお考えの方はコチラの会社をご活用ください。丁寧な作業で建設期間の状態を細かくチェックすることが可能です。

扱い方

作業

台車の上で回転させたベルトによって、重くて持ち運び困難な資材を運搬するのに役立つベルトコンベアーは、古くは19世紀後半に実用的な器材が開発され、ベルトコンベアーを専門に製造する会社も誕生していきました。しかし最初は稚拙で事故も多かったベルトコンベアーも、ハイテク化が進むにつれて人が機械に巻き込まれないようなセンサーなどが搭載されるようになりました。事故を防ぐためのセンサーはベルトコンベアーを使用する上で欠かせないものであり、そのセンサーや事故防止のメンテナンスもキチンと行わなければいけません。具体的にはベルトコンベアーの可動部に人の手が入り込まないようにカバーを被せたり、より感度の高いセンサーの設置や定期的な点検が事故対策です。また何か小さな修繕作業をする際にも、ベルトコンベアーのシステムは必ず全停止させるようにするとより安全となります。

利点

ベルトコンベアーは流れ作業の大幅な効率化によって、建設現場や大きな事故現場、そして自然災害に見舞われた地域の復興活動に大いに貢献できる利器として重宝されています。ベルトコンベアーが世界に登場したことにより、いわゆる経済的な「大量生産の時代」が始まり、中世以前の世界とは比べものにならない高度な経済産業社会が形づくられていったのです。そして構造的に単純な造りの機械であるため、安価なコストで作業効率性を飛躍的にあげられることや、複雑な構造でないが故に環境耐久性に優れ、過酷な環境下でも長期の使用に耐えられる力持ちの機械であることが、この現代でも産業の第一線で活躍し続けている要因でしょう。ベルトコンベアーの導入は、作業を流動的にし、コストを削減するために必要不可欠でもあるのです。

顧客の満足度の高い業務用軟水器はこちらで購入できます。世界中のホテルやレストランでから高い評価を受けている製品が販売されています。

様々な場面で活躍

男性

ベルトコンベアーは私たちの日常に多く存在しています。ただ、ベルトコンベアーの取り扱いには十分に注意することが必要です。このベルトコンベアーですが、購入ではなく現在ではレンタルも可能になっています。

Read More >>

使用の注意点

作業員

ベルトコンベアーの注意点としては、ベルトは耐久温度があるので、寒冷や高温の場所での使用を避けることが大切です。また使用する人間の服装も注意して、巻き込まれる危険がないようにする必要があります。

Read More >>

作業の味方

工場

ベルトコンベアーは使用する環境が高温多湿でないように配慮したり、周囲に巻き込まれやすいひも状のものなどを置かないようにしたりしましょう。このベルトコンベアーは1913年に実用的になってきて、その後日本に導入されました。

Read More >>