ベルトコンベアーがハイテク化している~作業の効率化を図れる~

女性

作業の味方

工場

現在、農業や工業、飲食生産業などの場面においてベルトコンベアーは使用されています。ベルトコンベアーを使用すると、多くの荷物を効率的に目的地まで運搬することができます。人間が運搬する際にかかる労力を軽減でき、大変便利なものです。ベルトコンベアーを使用する際の注意点は、1つ目は作業をする環境です。ベルトコンベアーには、ベルトであるゴムが使用されていることがほとんどです。ゴムには、耐久性があるので、使用する場所の温度や湿度などを考えて、使用する注意が必要です。また、作業する際にベルトコンベアーの周囲にひも状のものなどを置かないようにすることです。ベルトと台車などの隙間に巻き込まれやすいため、周囲の環境に注意して使用することが大切です。

ベルトコンベアーは、1830年ごろに発案されました。そこから研究や開発がされ、生産現場で実用的に使用されるようになったのは1913年頃で、工場の作業時に使用するようになったからです。日本には、その後ベルトコンベアーが導入され、農業や工業などの場面で使用されるようになってきました。また、ベルトコンベアーにはゴム製のベルトが使用されていることがほとんどであるため、交換するゴムも共に現場にあることがほとんどです。ゴムの保管も注意して行わなくてはならず、高温多湿でなく、直射日光が当たらない場所に、ロール状で立てて保管しておくことが大切とされています。このベルトコンベアーを扱っている会社も多数あり、中古で販売していたり、レンタルしていたりしています。