バイトをするときは報酬が気になる【治験の相場】

治験のバイトはお小遣い稼ぎにピッタリ!募集内容をチェック

バイトをするときは報酬が気になる【治験の相場】

医師

治験のバイトにおける報酬

時間が空いて、単発で何かバイトをしたいと考えている人には治験のバイトが合っているといえます。どれだけ稼げるのかというと平均的には一日15000円ほどだといわれているので、良い小遣い稼ぎになります。
入院が条件だと2万円の報酬がもらえることもあります。細かい条件はバイト内容によって変わるので注意です。

医師

報酬の内訳と自己負担

なぜこのように治験のバイトは高収入になるのかというと、薬剤開発の謝礼という側面があるからです。しかも治験には生活における制限が加えられます。それを守るためにも高い謝礼が支払われるのです。
基本的にはボランティアなので、交通費が自己負担になります。支払われる謝礼や協力費で収まるのか確認しておきましょう。

治験バイトで募集される条件

医師

女性であること

この条件で募集される治験では、多くが女性特有の疾患や妊娠に関する新薬開発やテストが行なわれます。特に月経痛や子宮筋腫は、入院型の治験が行なわれることが多いです。サプリメントは通院でも多数募集されています。

メタボリックシンドロームの方

肥満は万病のもととされていて、国の医療費を圧迫している問題でもあります。メタボリックシンドロームの人がこの治験を受ければ、体重コントロールのアドバイスも受けられるのでメリットが大きいです。

がんにかかっている方

日本人の死亡率でもかなりの位置を占めるので、多くの治験が行なわれています。新しいがん治療だととても高額になることもあるのですが、高度な治療が治験で受けられるので、受けたいという人は多いです。

糖尿病の方

この病気も最新の薬剤が多く開発されています。治療には早めの対応も求められますので、診断された人は治験のバイトがあればすぐに応募したほうがいいです。精密検査が治験のバイトで受けられますし、治療費の軽減にもつながります。

健康で成人していること

特定の病気にかかっていなくても、治験に必要な条件として募集されていることもあります。この場合は、薬が安全なのか、どのように薬が健康な人に吸収されるのかを治験します。安全性を確保するために、投与量は少ないです。

広告募集中